門外不出の手帳の秘密が明かされる

門外不出の手帳の秘密が明かされる

門外不出の手帳の秘密が明かされる

アメリカで絶大なる人気を誇ったコーチング・プロ、ハーヴィー・ペニック氏のレッスン本は通称、レッド・ブックの他に「And If You Play Golf, You're My Friend」と「For All Who Love the Game」、「The Game for a Lifetime」があります。

「And If You Play Golf, You're My Friend」は通称グリーン・ブックと呼ばれており、日本ではそのまま通称を使って「ハーヴィー・ペニックのゴルフ・グリーン・ブック」というタイトルで販売、また「The Game for a Lifetime」は「ハーヴィー・ペニックの最後のゴルフレッスン」というタイトルで販売されました。

これらのレッスン本、当初はペニック氏が息子のティンズリー氏に残したメモが発端。

息子にコーチングとして大切なことを残しておけば、息子がこの先、生活に困らないだろうという配慮がペニック氏にありました。

そのメモ帳こそ小さな赤い手帳、リトル・レッド・ブックでした。

かねてよりその手帳の存在は知られていましたが、愛弟子のベン・クレンショウやトム・カイトでさえ、手帳を見ることはならず、ペニック氏とティンズリー氏以外は門外不出の秘密の手帳だったのです。

しかし、老いたペニック氏は、その門外不出である手帳を自分と息子だけで秘密にすべきか悩み、やがて息子のティンズリー氏に相談したところ、ティンズリー氏は喜んで出版に応じた、というエピソードが伝えられています。

こんなエピソードも、ペニック氏の人気を高めた理由のひとつでしょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional