伊集院静との絶妙なコンビネーション

伊集院静との絶妙なコンビネーション

伊集院静との絶妙なコンビネーション

世界中のゴルフコースとゴルフに関わる光景を収めた「IT’S BEAUTIFUL GOLF COURSE 美しきゴルフコースへの旅」の著者は宮本卓さん。

これまでに「青木功写真展」や「タイガーウッズ写真展」など作品を精力的に発表しています。

現在はペブルビーチゴルフリンクスの専属フォトグラファーであり、全米ゴルフ記者協会会員の資格も持っており、世界中が宮本さんの仕事場。

伊集院静さんの著書「夢のゴルフコースへ」は、伊集院さんの文章とリンクした見事な写真が掲載されていますが、それらもすべて宮本さんの作品です。

どちらも学研創立60周年を記念して出版された本ですが、その記念に相応しい両本と言えるでしょう。

この写真集の文章も伊集院静さんが担当されており、まさに絶妙のコンビネーションが伺えます。

その一文から。

~前略~

このゴルフコースに魅せられて、一人のカメラマンが世界の美しいコースを摂り続けている。

魔女、魔物、女神、ゴルフの神さまが住むというゴルフコースにカメラマンは明けの明星とともに歩き出し、夕刻のフェアウェイに立ち続けた。

宮本卓。

彼が摂り続けているものは風景ではなく、人間とともに生き続けたゴルフコースである。

彼の写真を見るたびに、この人はゴルフコースに恋しているのではなかろうかと思ってしまう時がある。

~後略~

この写真集に収められた数々の写真は、きっと、ゴルフコースに住む女神へのラブレターなのかもしれません。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional