ホールに潜む女神と魔女を映した写真集

ホールに潜む女神と魔女を映した写真集

ホールに潜む女神と魔女を映した写真集

もし、これからゴルフに関する写真集を1冊だけ買うとするなら、迷わず宮本卓さんの写真集「IT’S BEAUTIFUL GOLF COURSE 美しきゴルフコースへの旅」をお勧めします。

この写真集には、ゴルフの持つ魅力がすべて詰まっているといっても過言ではないでしょう。

ペブルビーチゴルフリンクスの名物ホール、7番の夕日に染まった海の美しさとは対照的に、右下の切り立った崖や手前の広く深いバンカーがゴルファーに恐怖を与えます。

この1枚の写真を見て、脚がすくまないゴルファーはいないはず。

左側には安全にボールを運ぶルートが残されています。

そこはまるで魅力を持たない場所。

ただ、平坦な大地に芝生が生えているだけ。

右側のスリリングで蠱惑(こわく)的な表情とは雲泥の差です。

まさに人生の岐路に立った気分。

でも、誰がそのルートを選ぶというのでしょう?

そのルートを選んだ瞬間、ゴルフの神様に見放されそうな気持ちが自分の中で芽生えてしまうに違いありません。

『恐れるな、挑め』

伊集院静さんの名言が思い出されます。

たった1枚の写真なのに、自分が7番ホールのティーインググランドに立っているような錯覚を覚え、ゴルファーとしての資質すら求められている気分になる、それが、宮本卓さんの写真なのです。

ちなみにこの7番ホールの写真、ゴルフを知らない人が見れば、なんてゴルフ場って素敵なところなんでしょう、としか思わないはず。

いやはや、ホールに住む女神、あるいは魔女を写した宮本さんの力に、ただ脱帽するばかりです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional