プレイヤーへ求められるのは品格

プレイヤーへ求められるのは品格

プレイヤーへ求められるのは品格

作家の伊集院静さんが書いた「夢のゴルフコースへ」は週刊パーゴルフに連載されていたものを単行本にまとめたものです。

伊集院さんが本書の中で回ったコースは確かに、ゴルフをしている人なら憧れのコースばかりで、ゴルファーならば一度は回ってみたい欲求に駆られるでしょう。

しかし、そんな内容だったら伊集院さんが回る必要はなく、ゴルファーだけが満足する専門的な情報と写真だけで十分なはず。

「夢のゴルフコースへ」という本はけっしてコースに憧れを抱くゴルファーのためだけの本ではなく、ゴルフを未知の世界と考える人へゴルフの魅力を伝える本でもあるのです。

本書には伊集院静さんのゴルフに対する珠玉の言葉が散りばめられています。

たとえば・・

ゴルフの格言はゴルフの数だけある。

いったい、どの言葉が最上なのか、それを探すために出た旅なのかもしれない。

「ゴルフとは何でしょうか?」

そう質問された時、今はこう答える。

「ゴルフはあなたです。そして私です」

また、こんなことも。

ゴルフにとって大切なものは人間味、すなわちその人となりがプレーから感じ取れるかどうかではなかろうか。

良いゴルフに宿る人間味の決め手は、やはり最後はそのゴルファーの品性なのである。

すべてはそこに辿り着く。

この本の中は、確かに伊集院静という作家にしか書けないゴルフが詰まっています。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional