ゴルフの本が誘う甘美な想像の世界へ

ゴルフの本が誘う甘美な想像の世界へ

ゴルフの本が誘う甘美な想像の世界へ

アームチェア・ゴルファーに取って、本や写真集が誘う世界には甘美な想像があります。

世界中の名門コースに行き、美しくも厳しいホールのティーインググランドに立ち、どのように攻略すればいいのか、などと想像して1人、その結果にニンマリしていることでしょう。

見知らぬ土地で、ふいに知り合った人と一緒にプレーし、意外なドラマに遭遇して心躍らされた自分を想像することもできます。

ゴルフを始めれば、誰でもうまくなりたいと願うものです。

でも、ゴルフにはスコアを上げること以上に多くの楽しみを内包しているスポーツなのです。

それらを教えてくれるのが、読むゴルフでしょう。

読むゴルフには作家や著名人が書いた本以外にも、ゴルフに従事している人たちが書いた秀逸な本が数多くあります。

日本のトップアマチュアだった中部銀次郎さんの「もっと深く、もっと楽しく。」や、山口信吾さんの「定年後はイギリスでリンクスゴルフを楽しもう」、朝日新聞にアメリカツアーのコラム連載を持っている船越園子さんの「ゴルフの森」など、枚挙に暇がありません。

ゴルフに従事している人が書いた本は、とかく専門的になり、ゴルファーにしか通用しない用語が出てくるため、ゴルフを知る人は、プレーをある程度続けてから読むと、面白みが増すでしょう。

読むゴルフを続けていれば、必ずコースに出たくなるもの。

読書の後は、アイアンを磨いて楽しいゴルフの1日を想像してください。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional